新型ウィルス肺炎

新型肺炎感染拡大懸念で公が中止要請も「K-1」強行開催!Twitterの反応は?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国と県が主催者に繰り返し自粛を求めていた格闘技イベント「K-1 World GP」が開催され、SNS上で批判を浴びている。

ことの経緯とTwitterの反応は?

国と県の中止要請を無視し「K-1」開催

埼玉県知事のツイート

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国と県が主催者に繰り返し自粛を求めていた格闘技イベント「K-1 World GP」が3月22日、さいたま市で開かれ、約6,500人が会場の「さいたまスーパーアリーナ」につめかけ、SNS上では批判が高まった。

Twitterでは、参加した者の氏名を公開すべきだという意見も見られた。

そのまま隔離しろという過激な主張を唱える者もいた。

公開はしないまでも追跡調査すべきではないかと思う。

この時期にこれだけ多くの人が全国から集まり、密閉された空間に長くいて、地方に散って行くことがどういう結果を招くか、急激な感染拡大の原因となったらどう責任を取るのか。

タイではムエタイを観戦した人の128人以上が新型コロナウィルスに感染したという。

これは自己責任の問題ではない。

観戦した本人が感染するのは自己責任としても、その人たちが全国に散って他者に感染させたら、被害は甚大になる怖れがあるからだ。

主催者側は商売だから損害を蒙りたくないのは分かるが、この問題は商業的損得勘定で考えるべきではない。

長い目で見れば損得勘定でも「損」なのは明白だ。

最低限の経済的補償をして強制中止させる方法もあったかもしれない。

行政が自粛要請しか出来なかったのは、行政の判断ミスなのか、民主主義の弱点と言うべきか。

https://zakkioh.com/?p=23704

さいたまスーパーアリーナ

Twitterの反応

スポンサーリンク


スポンサーリンク


マスコミの記事

FNN

“K-1の乱”自粛要請も強行 知事「残念」 政府関係者は「国賊」

“K-1の乱”自粛要請も強行 知事「残念」 政府関係者は「国賊」

大規模なイベントに対して続く、自粛要請。

そんな中、6,500人を集めて行われた、「K-1 WORLD GP」に非難の声が上がっている。

さいたまスーパーアリーナで、22日に開催された格闘技イベント「K-1 WORLD GP」。

およそ6,500人の観客が来場した。

埼玉県・大野元裕知事「法的にも止める権利もないので、ご協力をいただきたかったというふうに考えており、その点は残念です」

県や国は、イベント開催の自粛を求めてきたが、そうした声を振り切る形で大会は決行された。

国・県 K-1主催者「いろんな、そういったご意見があるのはもちろん理解していますけど、われわれとしては会場さんと話して、一番できる最大限の予防策、対応策を講じているので、大会をやろうと思っています」

主催者側は、県の要請に従い、入場者の中から感染者が出た際に追跡調査ができるよう、チケットに連絡先を記入することを求めた。

また、会場の入り口ではマスクを配ったほか、体温も確認。

会場内の換気などの対策を講じたという。

観客は「ところどころにアルコール消毒が全部置いてある」、「退入場するたびに毎回アルコール消毒」、「立ち上がらないでください、観戦静かに見てくださいというアナウンスが2試合に1回くらい流れていた」などと話した。

感染拡大が懸念される中での開催強行。

一夜明けた23日、ある政府関係者は、「あり得ないよ。国賊だろ。責任取れるのか」と、強く非難。

しかし、現状において、国や県にできるのは、強制力のない自粛要請にとどまる。

そうしたことから、元大阪府知事の橋下徹氏はツイッターで、さいたまアリーナで感染拡大すれば、政治の責任と指摘した。

街の人は「ハイリスクですし、僕が興味あるとしても今は行きたいとは思わないですよね」、「やめさすんだったら、政府が白黒(法律などで)つけた方がいいかなと思います」などと話した。

万が一、感染者が出た場合、主催者側は、会場サイドと連携するなどして迅速に対応したいとしている。

この3連休中、東京・練馬区では、としまえんが営業を再開。

開園を待ちわびていた、多くの親子連れが訪れた。

来場者は、入場前に体温をチェック。

ジェットコースターは、2時間ごとに消毒する。

来場者は「疲れるまで久々に外に出て遊べるので、ギリギリまで遊ぶと思います」、「(久しぶりに外出てどう?)楽しい」などと話した。

大喜びの子どもたち。

しかし、営業を再開したのは、屋外のアトラクションのみで、屋内の施設は営業休止のまま。

主催者や運営側に委ねられる判断。

感染拡大のリスクを前に、多くの関係者が頭を悩ませている。

そんな中、6,500人を集めて行われた、「K-1 WORLD GP」に非難の声が上がっている。

さいたまスーパーアリーナで、22日に開催された格闘技イベント「K-1 WORLD GP」。
およそ6,500人の観客が来場した。

埼玉県・大野元裕知事「法的にも止める権利もないので、ご協力をいただきたかったというふうに考えており、その点は残念です」

県や国は、イベント開催の自粛を求めてきたが、そうした声を振り切る形で大会は決行された。

国・県 K-1主催者「いろんな、そういったご意見があるのはもちろん理解していますけど、われわれとしては会場さんと話して、一番できる最大限の予防策、対応策を講じているので、大会をやろうと思っています」

主催者側は、県の要請に従い、入場者の中から感染者が出た際に追跡調査ができるよう、チケットに連絡先を記入することを求めた。

また、会場の入り口ではマスクを配ったほか、体温も確認。

会場内の換気などの対策を講じたという。

観客は「ところどころにアルコール消毒が全部置いてある」、「退入場するたびに毎回アルコール消毒」、「立ち上がらないでください、観戦静かに見てくださいというアナウンスが2試合に1回くらい流れていた」などと話した。

感染拡大が懸念される中での開催強行。

一夜明けた23日、ある政府関係者は、「あり得ないよ。国賊だろ。責任取れるのか」と、強く非難。

しかし、現状において、国や県にできるのは、強制力のない自粛要請にとどまる。

そうしたことから、元大阪府知事の橋下徹氏はツイッターで、さいたまアリーナで感染拡大すれば、政治の責任と指摘した。

街の人は「ハイリスクですし、僕が興味あるとしても今は行きたいとは思わないですよね」、「やめさすんだったら、政府が白黒(法律などで)つけた方がいいかなと思います」などと話した。

万が一、感染者が出た場合、主催者側は、会場サイドと連携するなどして迅速に対応したいとしている。

この3連休中、東京・練馬区では、としまえんが営業を再開。

開園を待ちわびていた、多くの親子連れが訪れた。

来場者は、入場前に体温をチェック。

ジェットコースターは、2時間ごとに消毒する。来場者は「疲れるまで久々に外に出て遊べるので、ギリギリまで遊ぶと思います」、「(久しぶりに外出てどう?)楽しい」などと話した。

大喜びの子どもたち。

しかし、営業を再開したのは、屋外のアトラクションのみで、屋内の施設は営業休止のまま。

主催者や運営側に委ねられる判断。

感染拡大のリスクを前に、多くの関係者が頭を悩ませている。

出典:FNN

スポンサーリンク


時事通信

埼玉県の大野元裕知事は22日、県庁で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国と県が主催者に繰り返し自粛を求めていた格闘技イベント「K―1 WORLD GP」が同日、さいたま市で開かれたことについて「強制的に中止させる権限はないが、こういう形でイベントが開催されたのは残念だ」と述べた。

県によると、イベントは同日午後から県の施設「さいたまスーパーアリーナ」で開かれ、観客約6500人が入場した。主催者はマスクの配布や消毒液の設置などの対策を講じ、県側は開催に当たって観客全員の住所、氏名、連絡先の把握を指示した。

この日は大野知事もイベント前に会場を訪れた。大野知事は会見で「多くの人が集まるイベントは自粛が適当と考え、お願いしてきた。今後、無症状感染者が出る可能性もないわけではないので、大変残念だ」と語った。

出典:時事通信

TBS

22日、さいたま市で政府や埼玉県が自粛を求めていた大規模な格闘技イベントが開催されました。

さいたまスーパーアリーナで22日に行われたのは格闘技「K-1」のイベントで、主催者発表で6500人が訪れました。

安倍総理は、大規模イベントの開催について対策の徹底を求めた上で主催者に判断を委ねる考えを示しましたが、西村担当大臣と埼玉県は事前に主催者に開催自粛を要請。しかし、主催者は対策を講じているとして決行しました。

「普通にみんな盛り上がって騒いでました」(K-1イベントを見に来た人)

急きょ、会場を視察に訪れた埼玉県の大野知事は「残念」と話しました。

「自粛をお願いしたわけですから、お願いを聞き入れていただけなかったのは残念。(Q.心配な思いも?)当然、心配だから来ました」(埼玉県・大野元裕知事)

「密集を避ける意味でも、会場を席を削って1万人以下になるような形で大会を行っています」(K-1イベント主催者・中村拓己プロデューサー)

主催者は感染者が出た場合に備え観客に連絡先を記入してもらうなどの対応を取りましたが、明確な基準がない中での大規模イベント開催をめぐり難しさがあらわになりました。

出典:TBS

NHK