[台風]その大きさ、強さとは

台風の情報に接していながら、

意外と知らないのが台風の大きさと強さの意味の違いです。

台風の大きさとは、

強風域(風速15m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲)の半径

台風の強さとは、

最大風速のこと

そして、風速25m/s以上の風が吹いているか、吹く可能性がある範囲を暴風域と呼びます。

強さの階級分け

階級最大風速
強い33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な54m/s(105ノット)以上

大きさの階級分け

階級風速15m/s以上の半径
大型(大きい)500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい)800km以上

「大型で強い台風」のように呼びます。

ただし、強風域の半径が500km未満の場合には大きさを表現せず、最大風速が33m/s未満の場合には強さを表現しません。

「強い台風」と発表された場合その台風は、

強風域の半径が500km以内

中心付近の最大風速は33~43m/s

で暴風域を伴っているということです。

暴風域は円形で示され、円内は暴風がいつ吹いてもおかしくない範囲ということになります。

気象庁

関連記事

タップで飛ぶ目次
閉じる